アウェーゴールを奪って引き分けも、湘南FW梅崎「正直、勝ちに…

サポーターのヒマつぶし

つぶよみでツイッターと2ch.scとオープン2chをまとめ読み

まとめページを作成しよう
HOME > ニュース > アウェーゴールを奪って引き分けも、湘南F…

アウェーゴールを奪って引き分けも、湘南FW梅崎「正直、勝ちに行った」

2018-10-10


[10.10 ルヴァン杯準決勝第1戦 柏1-1湘南 三協F柏]

「正直、勝ちに行ったゲーム」。敵地でのルヴァン杯準決勝を1-1のドローで終え、湘南ベルマーレのFW梅崎司は「どちらにもチャンスがあったし、自分にもチャンスがあった。勝ちきれなくて残念」と唇をかんだ。

 湘南は14対12とシュート数で柏を上回り、梅崎は両チーム最多となる5本のシュートを記録。後半12分にはCKでFW山崎凌吾がファーサイドから頭で折り返したボールに対して懸命に足を伸ばしてボールに当てたが、枠をとらえきれず。その4分後にはMF岡本拓也のクロスをジャンピングヘッドで合わせるも、シュートはクロスバーに嫌われてしまった。

 ヘディングシュートがクロスバーに弾かれ、こぼれ球に反応した柏DFがCKへ逃れると、梅崎は目の前の湘南サポーターを煽るパフォーマンスを見せる。「あれだけのサポーターが来てくれて、雰囲気を自分たちのほうに持っていきたくて」。確実に湘南が流れをつかんでいた時間帯だったが、スコアを動かすことはできなかった。

「僕らも前進しようとしている」と梅崎。「主導権を握る」戦いもできないと、チームとして上に行けないことをチョウ・キジェ監督も試合後の会見で強調している。そんな過程の中でも、浦和時代にルヴァン杯優勝を経験し、チームの中で随一の経験値を誇る梅崎は、「引き分けでアウェーゴールをとれた」ことに手応えを感じていた。湘南にとって初の決勝進出を懸けた準決勝第2戦は、14日16時に湘南のホームでキックオフを迎える。

(取材・文 奥山典幸)
●[ルヴァン杯]準決勝第1戦 スコア速報

ゲキサカ Jリーグ&国内フィード

Ô C È
C

まとめ作成ページ

記事をまとめてあなたのページを作成しよう。

まとめのタイトル

まとめの説明URLは自動でリンクをはります。(アフィもOK)

あなたの名前

検索タグスペースで区切って複数指定可能 : 例(愛媛FC 徳島ヴォルティス)